Order house

打ち合わせは何回かに分ける方が良い

注文住宅を作る場合、必ず打ち合わせを行う事になります。そもそも住宅作りを行う以上は、担当会社のお世話になるでしょう。当然住宅会社の担当者と、それだけ長いお付き合いになる訳です。それで注文住宅を作る前段階においては、様々な意見交換などを行う事になります。その際、もちろん自分のニーズなどを色々と担当者に伝える事になるのです。そのニーズに応じた住宅が、後々作られる事になります。
ところで人によっては、1回だけで打ち合わせを完結させようと考えている人がいます。何回も打ち合わせを行うのも手間が大きいですから、できるだけ1回限りの打ち合わせで、全てを話してしまう方々も見られます。しかし、それは避けておいた方が良いでしょう。そもそも自分のニーズなどは、1回の打ち合わせだけで全てを伝えられるものではありません。何回も時間をかけて、打ち合わせを行うのが基本になるのです。
また1回打ち合わせを行った後に、何か状況の変化が生じる可能性もあるでしょう。それで再度打ち合わせを行って、計画の軌道修正を行う方が良い事もあります。つまり担当会社との打ち合わせは、1回限りにとどめない方が良い訳です。できるだけ数回に区切って、打ち合わせを行うと良いでしょう。

注文住宅に対する不安と保証のシステム

注文住宅は、自由度の高さなどにメリットがあります。それに醍醐味を感じて、建売ではなく注文住宅を…

注文住宅に関わる失敗実例を知っておく

注文住宅を作った方々は、たまに失敗をしています。それなりに入念に計画を立てたつもりでも、思わぬ…

2017年02月02日
打ち合わせは何回かに分ける方が良いを更新しました。
2017年02月02日
多くの建築家と対面するのが大事な注文住宅を更新しました。
2017年02月02日
注文住宅に関わる失敗実例を知っておくを更新しました。
2017年02月02日
注文住宅に対する不安と保証のシステムを更新しました。